フンドーキン

MENU

企業情報  Company profile

品質管理/環境保全

品質への4つの指針

品質への4つの指針

原料産地の視察

「良い製品は良い原料から」との考えで、原料産地の担当者視察や生産者との交流を通して、良質な農産物の供給を受けています。

工場内の整理、整頓、清掃

素晴らしい環境での製造を目指して、5S(整理・整頓・清潔・清掃・躾)に従業員みんなで取り組みを続け、いつでもお客様に見ていただける工場を目指しています。

変わらぬ美味しさの追求

創業当時から伝わる醸造技術を維持・進化させながら、分析機器に頼らず人の五感を大切にした美味しさ(品質)の追求を行っています。

お客様からの御意見・苦情

品質の向上を目指し、「お客様からの御意見・苦情」については迅速に対応するとともに、徹底した原因調査と対策を実施しています。

品質保証部について

フンドーキン独自の品質保証体制

2001年、フンドーキン4工場の品質に統一性を持たせる目的で品質保証部を設立しました。品質保証部門では、4工場の食品の安心・安全を監査、常にお客様にお届けする商品が間違いのないものであることを確認することを主体としています。

主な業務

原材料や製品に対して各種測定機器を使用した分析、微生物検査などを行い、個々の品質を確認するとともに、商品に使用する原材料や資材については、直接製造工場に出向き、製造環境の確認等をしています。
このように原材料、工程、製品の管理を行うことで、安全で高い品質の商品をお届けする仕組みがしっかり機能していることを常に確認しています。

工場などと連携して監査

品質保証部だけが「本社工場」「醤油工場」「味噌工場」「ドレッシング工場」の全4工場とつながっています。各工場に監査に行き、ISO9001に従って、製品が正しい過程を経ているかを確認し、最新設備で、完成品が基準を満たしているか、どうかについて客観的に判断しています。

工場管理体制

5S(整理、躾、清潔、清掃、整頓)

ISO9001に基づく5S活動

フンドーキンでは2003年より各工場でISO9001の認証を取得しました。その活動の中で品質方針として2008年に定めたのが「5S(整理、整頓、清掃、清潔、躾)活動」です。工場内の業務プロセスへの改善意識を持ち、品質と生産性の向上を実践しています。

HACCPと有機JAS認定工場

近年の食の安全意識の高まりを受け、工場設計にはHACCP(食品の原料受入れから製造・出荷までのすべての工程において、危害の発生を防止するための重要な点を継続的に監視・記録する衛生管理手法)の考え方を取り入れており、異物侵入対策なども積極的に取り組んできました。また、味噌工場は農林水産省の定める「有機JAS認定工場」の認定を受けています。工場の設備や原材料、製造及び加工方法、出荷に至るまで、細かに定められた厳しい衛生基準の中、お客様に安心して召し上がっていただける味噌造りを行っています。

FSSC22000取得「味噌工場」

私達は、食品の安全性を確保するために食品安全マネージメントシステム(FSSC22000)を2019年5月に認証取得しました。「お客様の満足」の維持向上のために継続的な改善に取組んで行きます。

食品安全方針

  1. 安全な製品を提供することで、お客様満足の維持向上を目指します。
  2. 事業活動に関連する法令:規則を遵守し、食品安全危害の発生を防止します。
  3. 食品安全マネジメントシステムの継続的改善に努め、製造本部方針に沿った食品安全目標を設定し、マネジメントレビューを通じて定期的に見直します。
  4. お客様との食品安全に関するコミュニケーションを大切にし、問題があれば製造工程及び作業環境に反映します。
  5. 食品安全に対する意識向上を図るため、食品安全教育を実施します。
企業理念会社概要
営業所一覧歴史
品質管理・環境保全クラブ活動
女性活躍推進法に
ついての取り組み
子育て企業支援
採用情報

pagetop