HOME > 知る・楽しむ > MEDIA FILE ARCHIVES > (映画協賛)はなちゃんのみそ汁
はなちゃんのみそ汁2015年12月公開予定
上映劇場一覧はこちら
映画はなちゃんのみそ汁について
タイアップ商品「はなちゃんのみそ」誕生!
キャンペーン映画化記念
映画「はなちゃんのみそ汁」

映画はなちゃんのみそ汁

フンドーキン醬油株式会社は、はなちゃんのみそ汁の、いのちを大切にする考え方に賛同し、協賛いたします。「食べることは生きること」

原作は、20代で乳癌、結婚・出産を経て癌が肺に転移という過酷な運命を背負った安武千恵さんが、「食が体をつくるのだ。食が命をつくるのだ。」と、娘のはなちゃんに「生きる力」を身につけさせようと過ごした日々を綴ったブログを基に、夫の安武信吾さんがまとめ、書籍化したものです。「生きること」「命の意味」 「食の大切さ」を描いた実在の家族の物語は、多くの人々の胸を熱くしてきました。

原作の映画化にあたり、安武家の手作り味噌の味を再現するお手伝いを我々フンドーキン醬油が担っていきます。体のために命のために素材や作り方にこだわった千恵さんの味を再現して撮影から応援してまいります。

映画に登場する「みそ汁」は、キッチンで料理をする大切さ、家族で食卓を囲む温かさを伝えるためのきっかけでしかないのかもしれません。本作品が、あらためて、家族の食卓を見つめ直す機会となるよう応援します。

安武家の食卓で「はなちゃんのみそ汁」を再現

「はなちゃんのみそ汁」とは

中学生のはなちゃんは毎日おみそ汁を作る。
5歳の誕生日からの日課だ。
「食べることは生きること。一人でも生きる力を身につけて。」と
33歳で亡くなった母・千恵さんと約束したから。

映画概要

「幸せな暮らしとは何か」を伝えようとした家族の物語です。過酷な運命を背負いながらも、子どものために何ができるかを思い続け、「食べることは生きること」とみそ汁作りを教えました。2012年に文藝春秋より出版され、17万部のベストセラーに。
この感動の物語の映画化です。

キャスト

広末 涼子 (安武 千恵 役)
過酷な運命を背負いながらも、5歳の娘はなに「生きる力」を身につけさせようとする母・千恵を演じる。
滝藤 賢一 (安武 信吾 役)
妻(千恵)を支え、娘はなの成長を見守る夫・信吾を演じる。
赤松 えみな (安武 はな 役)
千恵と信吾の娘で、千恵から料理を教わり5歳の誕生日から毎日おみそ汁を作ることを日課とする、はなを演じる。
一青 窈 (志保 役)
千恵の姉、志保を演じる。今作の主題歌も担当。

主題歌 : 一青 窈
制作作プロダクション : イメージフィールド
監督/脚本 : 阿久根 知昭
配給会社 : 東京テアトル
公式サイト : http://hanamiso.com/

問合せ先 : フンドーキン醬油株式会社
営業部企画販促課 永松 浩一
TEL 0972-63-2111

TV CM

TV CMを見る
オンラインショップ
FUNDOKIN ONLINE SHOP
  • 企業情報
  • 安全な食品
  • 工場見学について
  • お客様の声
  • 新商品
  • フンドーキンレディース
  • はなちゃんのみそ汁
トップへ戻る